カテゴリー別アーカイブ: その他昆虫

【恐怖さえ感じる大ジャンプ】マダラカマドウマ

madadakamadouma1

日本全国に分布する大型のカマドウマである。

夜行性で薄暗い場所を好み、林内や周辺の草むら、洞窟、住宅街などでも見られる。体長2〜2・5㎝だが、後脚が体長の4〜5倍あり、触角が異常に長い。黄白色の地に黒色のまだら模様がある。
日本でよく見られるものに、同科のカマドウマがいるが、体長は2㎝と本種よりもやや小さく、まだら模様はない。
じめじめした場所を好むため、風呂場や昔のくみ取り式のトイレ、現在も公衆便所などにもよく現れるため、「便所コオロギ」というありがたくない名前でよばれ、不快害虫というレッテルを貼られてしまっているが、人間に対する実害はない。

雑食性で、暗くなると活動を始め、昆虫やその死骸を食べ、樹液にも集まる。
幼体、成体ともに翅はなく、危険を感じると長い後脚で大ジャンプをする。
種名のカマドウマの由来は、昔の竈のある炊事場にも現れ、馬のようにピョンピョン跳ね回ることからカマドウマ(竈馬)となった。

madadakamadouma2

■学名:Diestrammena japonica
■分類:バッタ目カマドウマ科
■分布:日本全国
■生活環境:温帯〜亜熱帯地域の地表
■大きさ:体長2〜2.5cm
■毒性:なし
■攻撃方法:なし
■日本での入手可能性:野外で採集可能
■およその寿命:不明
■食性:雑食性
■飼育する場合の餌:コオロギ、野菜、ドッグフードなど
■活動する時間帯:夜行性


▼古墳にもカマドウマ!?
http://kofunmoodys.fc2web.com/takasaki_3_yamana.html

▼沖縄のカマドウマ
http://blog.livedoor.jp/antroom/archives/51338729.html


▼なかなかに効きそうな殺虫剤


▼カマドウマの心を操る寄生虫ハリガネムシの謎に迫る
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20141030/422341/

▼進撃の便所コオロギ!アジア原産カマドウマがアメリカで激増中
http://irorio.jp/utopia/20140905/159877/

▼学者の調査論文
オリジナル
https://peerj.com/articles/523/

翻訳
http://translate.weblio.jp/web/english?lp=EJ&url=https%3A%2F%2Fpeerj.com%2Farticles%2F523%2F&sentenceStyle=written

シックススポット・グラウンド・ビートル

人気のオサムシの中でも稀な種

sixspot1
南インドに分布する、後ろ翅に大きな6つの白い斑紋があるオサムシである。タイガー・ビートルとよぶ地域もあるが、これは実際にはハンミョウのことを指し、オサムシの場合は英名にあるようにグラウンド・ビートルが用いられる。両方が混在しているが、本書ではオサムシの英名通り、グラウンド・ビートルの名を採用した。和名ではムツボシオサモドキゴミムシの名がある。
地表棲で、おもに夜になると、獲物である昆虫やカタツムリを探して活動する。成体では、敵に襲われると、臀部から刺激のある液体を噴出させて危険を回避する。
sixspot2

飼育種としても知られているが、ひじょうに希で、日本で飼育しているマニアもごくわずかである。飼育環境は、プレデター・ビートルと同様だが、床材にはピートモスや腐葉土など、湿度を保つものを使用する。温度は25度以上を維持したい。餌には餌用コオロギやミルワームを与える。

■学名:Anthia sexguttata
■分類:甲虫目オサムシ科
■分布:南インド
■生活環境:熱帯地域の地表
■大きさ:体長約4cm
■毒性:なし
■攻撃方法:臀部から刺激のある液体を噴出
■日本でのごく希:入手可能性
■およその寿命:不明
■食性:昆虫類
■飼育する場合の餌:コオロギ、ミルワーム
■活動する時間帯:夜行性