ペイソン・ブロンド・タランチュラ


ネズミも襲うゴツいやつ

ぺいそん1
アメリカ合衆国のアリゾナ州ペイソン地域に分布するタランチュラである。比較的乾燥した地域に生息し、日中はわずかに湿度のある地中の穴に潜み、暗くなると地表で節足動物や昆虫、小さなハツカネズミなどの小型脊椎動物を補食する。
アリゾナ州では、ごく限られた地域に隣接するように本種のペイソンやニュー・リバー、フラッグスタッフなどのタランチュラが生息し、それぞれがその地域にちなんだ種名でよばれ、その姿や生態もよく似ている。
本国アメリカでは、飼育種としても人気があり、多くのマニアによって飼育され、繁殖にも成功している。飼育環境は、成体では45㎝水槽以上の大きさが必要で、床材にはピートモスと赤玉土や砂などを配合したものを使用する。穴を掘るため10㎝以上の深さ、もしくは石などをセットし、その下にくぼみを作って、巣にするとよい。

ぺいそん2
意外にもおとなしいペイソン・ブロンド

■学名:Aphonopelma sp
■分類:クモ目オオツチグモ科
■分布:北アメリカ(アリゾナ州)
■生活環境:温帯から亜熱帯地域の地中・地表
■大きさ:体長7〜9cm(レッグスパン約19cm)
■毒性:あり
■攻撃方法:咬みつく、毛を飛ばす
■日本での入手可能性:多くはないが、ペットショップや専門店で入手可能
■およその寿命:25年
■食性:昆虫、節足動物、小型脊椎動物
■飼育する場合の餌:コオロギ、ゴキブリ、ピンクマウス
■活動する時間帯:夜行性

「ペイソン・ブロンド・タランチュラ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です